【1件最大4万円】スーパーVIP待遇で紹介できる無料オファー



紹介した人に感謝されてあなたも稼げる史上最高の無料オファー登場。
紹介するならスーパーVIP待遇でアフィリエイター登録できる今がチャンス!

⇒ 今すぐVIPアフィリエイターになる!

リンクを別ウィンドウで開くように設定する方法

 

リンク先のページを別ウィンドウで

開くように設定する方法のご紹介です!

 

 

読者さんへのさりげない心配りとして

自分のブログ以外のブログへ飛ばすリンクは

別ウィンドウで開くように設定しましょう。

 

 

FC2ブログは、リンクを貼る際に

「新しいウィンドウで開く」を選択すればOKです。

 

 

上記以外で別ウィンドウを開くように設定したいけど

どうしたらいいんだ?!って場合もありますよね。

その場合の設定方法を今からご説明しますね。

 

 

下のリンクは、プロフィールページへ移動するリンクです。

⇒自己紹介へ

HTMLコードはこうなっています。

 

 

<a title=”自己紹介” href=”http://mariya-iro.com/profile”>

⇒自己紹介へ</a>

 

 

上のリンクを別ウィンドウで開くように

設定するには、このHTMLコードに

『 target=”_blank”』を足します。

 

 

<a title= ~ /profile” target=”_blank”>

⇒自己紹介へ</a>

 

 

これで、別ウィンドウで開くようになりました。

⇒自己紹介へ

 

 

では、最後にまとめです。

 

 

別ウィンドウで開くように設定するには、

「<a・・・」で始まるコードの最後に「 target=”_blank”」を付け加える

活用頻度も高いので、覚えておきましょう。

 

 

「target=”_blank”」の直前には半角スペースが必要ですので、

気を付けてくださいね。








 記事を最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 下記のバナーをポチっと押して応援していただけたら嬉しいです!


 にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ(別ウィンドウで開きます)







「ブログを読んだだけじゃなんだか物足りない…」と思ったあなた!
もっと深くて濃ゆい時間をマリヤと一緒に過ごしませんか??

⇒ 無料メルマガ(プレゼント付き)の詳細はこちら
ブログの色彩心理についてもっと知りたい方も大歓迎です!

6件のコメント

  •  どうもこんばんは

     アフィリエイト就職支援人@そね ゆうやです。

     この別ウィンドウで開くように設定は

     大体のブログサービスとかについてはいますが、

     もし無かったときにこのHTMLは役に立ちますね。

     
     応援しております。

    • まりや

      そねさん、こんばんは^^
      訪問&コメントありがとうございます。

      いつも既存の別ウィンドウ設定に頼りがちなので
      設定が付いていないと「あれ?何だったっけ?」
      って焦ります(笑)

      覚えておくと便利ですね♪

  • こんばんは、まりやさん^^

    別ウィンドウで開く。
    読者さん思いで本当にいいと思います!

    それにしても、さすがに今は慣れましたが
    初めてHTML見た時はめまいがしましたよ^^;(笑

    そういう意味でも
    こういうやさしく教えてくれるのは
    本当に嬉しいものですね^^♪

    応援させていただきます^^!

    • まりや

      テルさん、こんばんは^^
      訪問&コメントありがとうございます。

      私も初めHTMLを見た時には途方にくれました(笑)
      今でも苦手ですが、耐性はついたかなと思います^^
      慣れってすごいですね♪

  • まりやさん、こんにちは。

    別ウインドウで開くのって
    初めはどうやったらいいのか
    わかりませんでしたが、

    僕も最近ようやく理解できました。(笑)

    HTMLもしっかりと基礎を固めることが
    本当に大切ですね。

    それでは、応援させていただきました。

    早川

    • まりや

      早川さん、こんばんは^^
      訪問&コメントありがとうございます。

      HTMLも初めはすごく難しそうに見えますが
      見慣れてくるともっと知りたいなって
      思うようになりますね^^

      やっぱり慣れってすごいです(笑)

コメントを残す