レビュー記事は正直に書く

 

レビュー記事を書くときには商品の良い点はもちろんのこと、

良くない点も正直に書くようにしましょう。

 

 

次の2つの文章を比べてみましょう。

 

 

「このベビーカーはとても扱いやすくてお値段もお手頃♪

大容量の荷物カゴが付いているのでお買い物の時重宝します。」

 

 

「このベビーカーはとても扱いやすくてお値段もお手頃♪

大容量の荷物カゴが付いているのでお買い物の時重宝します。

ただし、片手で折りたたみ辛いところが気になりました。」

 

 

どちらの方が文章に説得力がありますか?

後者の方がより説得力がありますよね。

 

 

前者のように良い点しか書かれていないと

「この人は本当のことを言っているのかしら・・・?」

と思う人も少なくないはずです。

 

 

レビュー記事には自分が感じたことを正直に書くことが大事です。

 

 

とは言うものの、商品を紹介する側としては

「商品の欠点を書くと売れないのでは・・・?」

という気持ちになりますよね。

 

 

でも、考えてみてください。

 

 

良いことしか書かずに購入してもらって

「買わなければよかったな・・・」と思われるよりも、

悪い点も納得したうえで購入してもらったほうが

紹介する側にとっても購入する側にとっても良いはず!

 

 

購入する人に「このレビューを参考にして、買って良かった!」

と思ってもらえるようなレビュー記事を心掛けましょう♪








 記事を最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 下記のバナーをポチっと押して応援していただけたら嬉しいです!


 にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ(別ウィンドウで開きます)







「ブログを読んだだけじゃなんだか物足りない…」と思ったあなた!
もっと深くて濃ゆい時間をマリヤと一緒に過ごしませんか??

⇒ 無料メルマガ(プレゼント付き)の詳細はこちら
ブログの色彩心理についてもっと知りたい方も大歓迎です!

コメントを残す